ダイエットを断食で成功させるならリバウンドに注意

最近は、ダイエットのために断食をする人が少なくないですが、断食を行う上での注意点は何でしょう。一時的に体重が減っても、その後増えては意味がありませんので、リバウンド予防が重要になります。ただ固形物を食べないことが断食ダイエットではありません。痩身目的での断食の場合、プランの組み方を重視したいものです。断食についてよく知らない状態で、急に食事をなくすのは健康への悪影響が大きくなりますので、体のためにはいい方法とはいえません。一切の食事をしないという絶食ダイエットを行うよりは、食事制限や、置き換えダイエットのほうが体への負荷は少なく済みます。置き換えダイエットを行う場合、1日のうち1食を置き換えるという方法が定番ですが、2食を置き換える人もいます。体内のたんぱく質が大幅に欠乏した場合、人間の体はリバウンドが起きやすくなります。筋肉が減ると低代謝の体になり脂肪がつきやすくなりますが、筋肉はたんぱく質でできています。脂質を多く食べる一方で、たんぱく質をあまり食べていないと、肥満の可能性が上がります。一品置き換えダイエットでは野菜に置き換える方法が定番ですが、野菜だけではたんぱく質が不足します。人体は、たんぱく質と水から体をつくっています。もしもダイエットのために肉を減らすつもりなら、豆腐や魚でたんぱく質は確保してください。食事の内容を見直して、体重をコントロールすることがダイエットであり、最終的にリバウンドをしてしまってはダイエットになりません。